お問い合わせは TEL:03-5215-5601 email:mch@e-mch.jp (受付時間:月~金10:00~18:00 土日祝休み)

マーケティングコンセプトハウスは、消費者の心の深層を探るグループインタビュー調査、商品コンセプト開発、ブランド活性化を得意としたマーケティングの会社です。


キーニーズ法による 技術的シーズから発想する 商品コンセプトの作り方〔シーズアプローチ〕

このページを印刷

技術的シーズが社内で、生かされていないままになっていませんか?
当セミナーは技術・原料・素材などシーズから商品コンセプトを考えていき、消費者のニーズとマッチングさせる方法を、実習を通して学んでいただきます。

お申し込み用紙ダウンロード(PDFファイル61K)
PDFファイルのお申し込み用紙をダウンロード(PDF:61K)いただき、FAXでお申し込みください。 FAX:03-5215-5620
セミナーの特徴
技術的シーズから発想する商品コンセプトは、
  • 自社技術の新用途開発に適しています。
  • 消費者のニーズと自社技術を合致させた商品コンセプトの開発ができます。
  • 既にある自社技術を利用するため、商品開発までの時間が比較的短時間で行うことができます。

  • ⇒シーズアプローチの最大の目的は、シーズのベストな用途を開発することです。
    ⇒当セミナーでは、消費者の未充足の強いニーズに応える魅力的な商品コンセプトをシステマティックに開発する手順を学んでいただきます。
    開催日時
    [年2回開催] ※5月と10月の内容は同じです
    【第1回】2017年5月24-25日(水-木)10:00 〜 17:00 2日間 受付終了
    【第2回】2017年10月25-26日(水-木)10:00 〜 17:00 2日間 申し込み受付中
    開催場所
    (株)マーケティングコンセプトハウス
    東京都千代田区三崎町2−9−11 TYビル4階
    (JR水道橋駅東口徒歩2分) 地図はこちら
    参加費用
    参加費用:76,000円(税込)
    【参加費に含まれるもの】
    講演研修費、教材費、飲食費込み
    このような方に最適です
    消費者ニーズから商品コンセプトを作ったものの、結局、技術開発ができず、商品化できない
    特許をとっている自社独自技術があるけど、ほとんど活用できていない
    加工技術や生産設備はあるものの、うまく活用できない/もっと活用したい。 等
    講師紹介
    小山由朗 (こやま よしろう)
    (株)マーケティングコンセプトハウス 京都研究所所長/(株)連由 代表取締役
    山本光学㈱、㈱ワコールで販売、商品企画の職務に就き新商品開発のためのコンセプト作成等に携わる。㈱ワコールでは様々なヒット商品のコンセプト作成から新製品機能開発などに携わり、コンディショニングウエアーという新カテゴリー市場の基盤も創る。さらに人体情報を基に新しい機能の研究開発を行うかたわら、ニーズ調査からコンセプト開発、商品化において成功率を高める手法を研究。売れる確率を評価してから開発に着手するシステムを作り数々の商品開発で実践、ヒット商品となりクリエイター大賞などを受賞。特許も多数出願。2006年に㈱マーケティングコンセプトハウス京都研究所所長として関西支部を立ち上げ、消費者心理分析に基づいた商品コンセプト開発、商品開発等を受託。様々な分野で商品開発の指導を行いヒット商品を市場に送り出す。2011年に株式会社連由を立ち上げ“モノ作り”や機能デザイン開発(機構設計)まで幅広く対応している。
    小山由朗 写真
    お申し込み用紙ダウンロード(PDFファイル61K)
    PDFファイルのお申し込み用紙をダウンロード(PDF:61K)いただき、FAXでお申し込みください。 FAX:03-5215-5620
    すべてのコースは企業向けにも実施しています。
    詳しくは下記 までお問合せください。
    株式会社マーケティングコンセプトハウス
    TEL:03-5215-5601
    電子メール:mch@e-mch.jp