MCH公開セミナー
> Home > MCHのリサーチ

消費者の深層心理がつかめるグループインタビュー(フォーカスグループ)の実施により、マーケティングアクションに直結する具体的な提言で貴社を成功へ導くことをお約束します。

会話から心理を解き明かすMCHのグループインタビュー

 MCHのリサーチの代名詞と言うべき、消費者の深層心理に迫るグループインタビュー方法が「GDI(グループダイナミックインタビュー法)」です。GDIは経験豊富な専任スタッフ(リサーチャー)が、数字(定量調査)だけでは把握しきれない心理や状況をきめ細かに解析し、問題解決のための提案を通じて、成功商品開発へ繋げます。
*テーマによっては、1 on 1(デプスインタビュー)をご提案することもあります。

 どんなテーマでも、どんなに混沌とした問題でも、まずはご連絡ください。
グループインタビュー(フォーカスグループ)の企画〜実施〜分析〜提案まで一貫して1つのチームを組んで対応しますので、きめ細やかなサービスと、目的にかなった“使える情報”がご提案できます。

例えば・・・

Q.自社の技術を生かして新製品を作りたい。どんな商品を作れば売れるのか?
→A.グループインタビューで消費者自身が気づいていない(でも深層心理では確かに存在している)ニーズや不満を把握することで、既存品にはない“売れる商品”の方向性が見出せます。

Q.大雑把な新商品のアイディアはあるが、この先どのように進めたらよいか迷っている。調査をするにしてもどのような人々をターゲットと想定して、どんな形で評価を取ればよいかがわからない。
→A.貴社データに弊社の知見を加えて想定ターゲットを推測し、的確な対象者条件を選定します。グループインタビューの情報から、どのような形でそのアイディアを提示するかも具体的にご提案します。
→A.アイディアを商品コンセプトの形に仕上げていく道筋をお示しします。

Q.定量調査で中身は競合品に優れるという結果なのに、実際は競合商品より売れていない。どうして?
→A.グループインタビューで貴社商品と競合商品が消費者からどのように見られているかを把握し、“何を”“どう”表現し伝えていけば良いかを、具体例を示してご提案します。
(弊社が手がけた案件の中には、中身が全く変わっていないのにパッケージや広告などを改良しただけで、撤退を検討していた商品がカテゴリーNo.1に生まれ変わった事例が数多くあります。)

Q.我が社の定番ブランドが低迷気味。何とか再活性化できないか?
→A.グループインタビューでブランドの健康診断をして「ブランドの価値」を再確認します。そして、「今起きている問題」「今後起こりうる問題」がリニューアルで解決しうるかについて精査し、貴社が「すべきこと」と「すべきでないこと」を明確にします。

Q.TVCMには費用がかかる。これから制作する広告の訴求内容や表現の方向性を的確なものにしたい。
→A.絵コンテレベルでも、グループインタビューを活用すれば、効果的な広告制作の方向性が見出せます。

その他どんなことでも、まずはお電話またはメールでお気軽にお問合せください。

お問い合わせはこちらまで

Tel:03-5215-5601 (月曜〜金曜日 10:00〜18:00)
担当 山口、石井
 mch@e-mch.jp

もっと詳しく知りたい方へ、以下をお勧めします
書籍    グループダイナミックインタビュー (同文館出版 2005年)
       消費者心理のわかる本 (同文館出版  2006年)

M.I.P 新市場創造型商品とは C/Pバランス理論とは
シンボルマークは蝶々
MCHでは、実践手法の根幹であるキーニーズ法のシンボルマークとして、蝶々のデザインを用いています。これは蝶々が卵からサナギへ、そして蝶へと劇的に変身するプロセスが、まさに発想法に通じることに寄ります。既成常識や領域にこだわらない豊かな感性の養い方、柔軟で自由な発想法をセミナーでは修得していただきます。

KeyNeeds


このページの先頭へ
プライバシーマーク