お問い合わせは TEL:03-5215-5601 email:mch@e-mch.jp (受付時間:月~金10:00~18:00 土日祝休み)

マーケティングコンセプトハウスは、消費者の心の深層を探るグループインタビュー調査、商品コンセプト開発、ブランド活性化を得意としたマーケティングの会社です。


梅澤伸嘉の理論と手法

未充足ニーズ理論

「どのようなニーズに応えたら売れるのか」

「売れる商品」には、その要素のひとつとして優れた商品コンセプトがあります。では、すぐれた商品コンセプトとは、どのようなニーズに応えたものなのでしょうか。
「未充足ニーズ理論」は、梅澤伸嘉が数々のコンセプトテストと市場での成績との相関研究をもとに1986年に発表した「どのようなニーズに応えたら売れるか」を説明する理論です。

ニーズの深層構造

消費者ニーズ(消費者が満足を得るために自らの行動を駆り立てる気持ち・意識)の深層には、普遍的な「基本(be)ニーズ」(人生ニーズ)があって、それを満たすために「行為ニーズ(do)」(生活ニーズ)が発生し、そのニーズが商品やサービスに触れると「欲しい」という「対象・所有(have)ニーズ」をもたらすのです。 つまり、商品に触れて「欲しい」と思ったときにはその背後に「行為ニーズ」(生活ニーズ)があり、さらにその背後には「基本ニーズ」(人生ニーズ)が隠れています。このように3種類のニーズは、互いに目的-手段の関係でつながっています。(下図左)

しかし、商品に触れればすべて「欲しい」と思うわけではありません。「行為ニーズ」の「したい、やりたい」の度合の強さ(ニーズの強さ)と、「でも現状ではできない」という満たされない(未充足の)度合がともに高い、「未充足の強いニーズ」に商品が応えたとき、消費者はその商品を「欲しい」と思うのです。

「行為ニーズ」にはこの「強くて未充足」(◎−◎)に加えて、「強いが未充足でない」(◎−×)、「弱いが未充足」(×−◎)、「弱いし未充足でない」(×−×)という4種類があります。下右図(未充足ニーズの田んぼ)参照

商品開発・企画者は、「ニーズが強いか、弱いか」のみを考え、「未充足度が強いか、弱いか」を無視する傾向にあります。「未充足の強いニーズ」に応えた<天才コンセプト>の商品を作ることが大切なのです。

未充足ニーズ理論を、もっと詳しく知りたい方へ

おすすめのセミナー

商品コンセプトの作り方の詳細はこちら

おすすめの書籍

ヒット商品開発—MIPパワーの秘密(第2版)気づかれざる成功の条件/MIP開発があなたを成功者にする/売れる商品とは何か/どんなニーズに応えたら売れるか/MIP開発の対象は消費者の「生活上の問題」・・・についての方法を解説
ヒット商品開発—MIPパワーの秘密(第2版) 表紙画像
amazonで買う
著者名
梅澤伸嘉
発行年
2009年
出版社
同文舘出版
価格
2,625円
ISBN
ISBN-10:
4495640127
ISBN-13:
978-4495640125
梅澤伸嘉の3大理論
C/Pバランス理論
未充足ニーズ理論
新市場想像理論
主な手法
商品コンセプトの公式
CAS(Consept Assesment Study)
キーニーズ法
表現コンセプト